アトピー性皮膚炎【冬の対策】

アトピー(アトピー性皮膚炎) 

冬は寒くて乾燥します。まず大気が乾燥するため住居や室内の乾燥にご注意ください。加湿器等が有効です。次に保湿ですが湯船に入る方がシャワーだけより皮膚の角層水分量が増える、という報告があります。また湯舟で体の芯が温まると適度な発汗が促されるので、汗に含まれる乳酸や尿素などの保湿成分による肌の潤いが期待されます。なお体のゴシゴシ洗いは悪化の要因になるので、ナイロンタオルではなく肌に優しいタオルなどを使いましょう。そして外用剤は入浴後15分以内に塗るのが理想的ですが、外用基材をクリームタイプから軟膏タイプに変更することも有用な場合があります。

衣服について。洗濯の際、水温が下がると衣類の繊維間に洗剤成分が少し残ることがあります。またヒートテック衣類により皮膚の乾燥が誘発される場合がありますのでご注意ください。