アトピー性皮膚炎【夏の対策】

夏は汗と紫外線に注意しましょう。

発汗は大切な生理機能です。汗の中には保湿成分や抗菌成分があり、皮膚の恒常性を維持するためにも健康的な汗をかくことは大事です。しかし汗がかゆみの増悪因子となることもあります。汗でかゆみを感じる場合には、タオル等でこまめに汗を拭き、可能であれば水等で洗いましょう。また帰宅後はなるべく早めに入浴、シャワーで汗を流すよう心掛けてください。

また紫外線により過敏反応(かゆみや赤み)が出る場合には、陽射しをできるだけ避け、肌に合う遮光クリームをつける、などの対策をしましょう。

外用剤について一言。軟膏の基材は夏にはべたつき感が生じ、そのため毛疱炎やニキビがおきることがあります。皮膚の状態に応じてクリームやローションへの変更が有効な場合があります。