アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは

慢性的に皮膚のかゆみが強く湿疹を繰り返します。患者さんの多くは、“アトピー素因”を持っています。
アトピー素因とは、アレルギーを起こす物質(アレルゲン)にたいして、反応しやすい体質のことです。また、正常な皮膚には“バリア機能”が備わっています。
これにより、外からの刺激から肌を守っています。このバリア機能が低下し、アレルゲンが侵入しやすくなっている状態(ドライスキン)もアトピー性皮膚炎の発症につながります。
このような遺伝的な体質に、乾燥した環境や、汗をかくこと、ひっかいて傷をつけたりすること、心的ストレスなどが、さらに誘因となるのです。
アレルゲンには、ダニ・ハウスダスト・カビ・植物の花粉などがあります。血液検査によって、自分のアレルギーの有無を知ることは、生活の上でも、大切なことです。

アトピー性皮膚炎の原因

遺伝的原因と環境などの原因が複合された時、アトピー性皮膚炎を引き起こします。
アトピー性皮膚炎は、“日々のスキンケアと治療”との長い付き合いが必要な、根気のいる疾患です。
当院では、漫然と同じ薬を大量に処方したり、状態を診ずに薬を処方する、という治療方法は行っておりません。
経過をしっかり診させていただき、その時、その時で最善の処方をするよう心がけています。よって、長期(1ヶ月以上)分の処方は基本的にさせていただいておりません。

アトピー性皮膚炎の治療

外用療法

ステロイド剤 ・・・ 副腎皮質ホルモンの付け薬です。優れた抗炎症作用、免疫抑制作用があります。薬の強さは、5段階に分けられていますが、炎症の強さ、外用する部分によって、使い分けます。
副作用が心配で、使用を拒む方もいらっしゃいますが、正しい使い方をすれば、副作用(皮膚が薄くなる、毛細血管が拡張する、感染しやすくなるなど)が出る危険性は極めて低いと言えます。
皮膚科医の指導のもと、正しく使用して下さい。
非ステロイド外用剤 ・・・ 弱い抗炎症作用を持つ付け薬です。ステロイドに変わる治療法にはなりませんが、ステロイドと上手に組み合わせて使用すると、効果を発揮します。
ときにかぶれることがあるので注意を要します。
免疫抑制剤(タクロリムス) ・・・ ステロイド以外に効果的な薬が無かった中、アトピー性皮膚炎の新たな治療薬として登場しました。
特に、ステロイドではなかなか治らなかった、顔の赤みに効果を発揮します。抗炎症作用を持つつけ薬です。薬を塗り始めて数日間は、熱感、刺激感をほとんどの方が感じます。この反応が落ち着く頃に赤みやかゆみが消失します。

内服療法

抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤の内服により、かゆみを抑えます。
アトピー性皮膚炎の悪化の原因である、掻く行動を抑えることはもちろん、かゆみによる寝不足やイライラ、ストレスを抑えることにもつながるため、症状によって、増減しながら処方します。
重症の場合には、精神安定剤なども併用すると、発疹の軽快につながることがあります。

スキンケア

アトピー性皮膚炎は、軽快、増悪を繰り返す疾患です。しっかりとスキンケアを行えば、軽快もしくは寛解の期間をより長くすることができる方がたくさんいます。
毎日のことなので、面倒に思う方も多いようですが、お肌がデリケートなアトピー性皮膚炎の方だからこそ、十分に取り組んで欲しいことです。
ポイントは3つ。
清潔を保つ ・・・ 肌に付着した汗や汚れ、アレルゲンになりえる物質をしっかり洗い流すことが必要です。
刺激を与えない ・・・ 肌に直接触れるもの(洗浄剤や衣類)は、極力優しいものにして下さい。
ナイロンタオルやヘチマタオルなどで体を洗ったり、掻くことも禁物です。
保湿する ・・・ 肌本来が持つ、バリア機能が低下しているため、外からバリア機能を高めるよう補う必要があります。特に入浴後の15分以内の保湿剤の使用が有用です。

入浴について

入浴の際のポイントは2点。
まず、体を洗う時にナイロンタオルを使用しないこと(綿などのタオルを使う)、次に浴槽に入ること、この2つを励行いただきたいと思います。
ナイロンタオルは泡立ちが良く、汚れもしっかり取れる気がしますが、必要以上に皮膚の角質を傷つける可能性があります。したがって一般の皮膚科医はナイロンタオルをお勧めしないのです。綿などの柔らかいタオルで優しく洗い、皮膚を傷つけないことを心がけましょう。
一方、湯船に入ることにより角質への水分貯留(保湿効果)が期待できます。また、温熱負荷がかかりますので発汗が促され、皮膚の新陳代謝が賦活化されます。季節の変化などにも皮膚が対応できるようになり、その結果かゆみや湿疹が起きにくくなると考えています。

アトピー対策のためのボディスポンジ

アクアコンディショナー

当院では、こんにゃくいもに含まれる食物繊維グルコマンナンで作られたボディスポンジ「アクアコンディショナー」を取り扱っております。
肌に余分な負担をかけないため、お肌のバリア機能を損なわずに、汚れと古い角質をきれいに洗い落とすことができるので、乾燥肌や敏感肌の方でも赤ちゃんからお年寄りまで安心して使用していただけます。また、継続的な使用により皮膚のバリア機能が改善するという報告もなされています。

アトピー性皮膚炎 春の対策

注意するポイントは、花粉、紫外線、汗です。
広島市内では2月上旬から花粉が飛散していますが、花粉刺激によりマブタなどに花粉皮膚炎が出ることがあります。花粉の多い日には帰宅後早めに洗顔やシャワーなどで花粉を洗い流しましょう。女性に多い傾向がありますので、化粧はしっかり、保湿もたっぷり、を心掛けてください。予防が第一ですが治療にはタクロリムス軟膏やマブタ用ステロイド外用薬を用い、症状によっては抗アレルギー薬を内服します。
また3月から紫外線が強くなります。アトピーは紫外線によって悪化することがありますので、お出かけには帽子や日傘を、また長時間の露光に際しては遮光クリームを考慮しましょう。
ゴールデンウイークの頃から気温が上がり、汗をかきやすくなります。汗でアトピーは悪化することがありますが、汗の良い面も理解されるようになってきました。汗に含まれる抗菌ペプチドや免疫グロブリンは皮膚にすみついている善玉菌である常在菌を守り、有害な病原菌の侵入を防ぐという働きがあります。また保湿とPH調節に大切な尿素や乳酸等も含んでおり、汗を上手にかくことは丈夫な皮膚を造ることにつながるのです。汗を避ける生活習慣等から発汗機能が低下しているケースもありますが、アトピー克服のために汗をかく体に戻しましょう。とはいえ・・・汗のためかゆみがひどい場合には、濡らしたタオルやシャワーなどで軽く洗い落とすよう工夫も併用してください。

桜の春

アトピー性皮膚炎 梅雨の対策

梅雨は汗と湿度に注意です。
発汗は大切な生理機能です。汗の中には保湿成分や抗菌成分があるので、体の恒常性を維持するためにも健康的な汗をしっかりかくことは大事です。一方で、汗はかゆみの増悪因子となることがあります。汗でかゆみを感じる場合には、タオル等でこまめに汗を拭き、可能であれば水等で洗いましょう。
またアトピー性皮膚炎では汗をかきにくい人(汗が体表に到達できない場合や、汗腺機能自体が低下している場合があるようです)がいます。
うつ熱傾向になるため熱中症に注意してくだい。外用剤について一言。軟膏の基材は梅雨にはべたつき感が生じ、そのため毛疱炎やニキビがおきることがあります。皮膚の状態に応じてクリームやローションへの変更が有効な場合があります。

紫陽花

アトピー性皮膚炎 夏の対策

夏は汗と紫外線に注意しましょう。
発汗は大切な生理機能で、【春の対策】でも触れたように汗に含まれる保湿成分や抗菌成分などが皮膚の健康維持に役立ちます。しかしアトピーでは体表への汗排出が滞り、うつ熱やかゆみが出ることがあります。半身浴や適度な運動により発汗できるよう慣らすことが重要ですが、その時かゆみを強く感じる場合には保冷剤等でクーリング、タオルで優しく拭き取る、水洗、帰宅後早めの入浴、シャワーなどを心がけましょう。
また紫外線により過敏反応(かゆみや赤み)が出る場合には、紫外線をなるべく避け、肌に合う遮光剤を塗布する、などの対策をしましょう。
外用剤ですが軟膏剤はべたつき感が生じ、毛疱炎やニキビがおきることがあります。皮膚の状態に応じてクリーム剤やローション剤が有効な場合があります。

アトピー性皮膚炎 秋の対策

秋に気をつけるポイントは、まず気候の変化です。日内あるいは週内での気温差が大きくなり、大気も徐々に乾燥しますが、寒暖による痒みには抗アレルギー剤が有効な場合があります。乾燥に対しては保湿を主体としたスキンケアを、ステロイド等の外用薬はローション基材では乾燥が改善しにくい場合があるため軟膏基材が有用でしょう。

一方、秋にはセイタカアワダチソウ(アキノキリンソウ)、ブタクサ、ヨモギなどキク科の雑草やススキ、シバなどのイネ科の雑草の花粉が飛散しますが、鼻炎、結膜炎症状に加えて顔などにも痒みが出現することがあります。特に大型の雑草であるセイタカアワダチソウの群生する場所には近寄らない方が良いでしょう。

コロナ禍でマスク着用が続いていますが、その機械的刺激や蒸れによると考えられる皮膚炎や座瘡等が出現することがあります。肌触りのよいマスクを着け、可能な状況ではこまめな着脱と洗顔(水洗)など工夫もしましょう。

 

アトピー性皮膚炎 冬の対策

冬は寒冷と乾燥に注意が必要です。入浴ですが湯舟に入る方がシャワーだけより皮膚の角層水分量が増える、という報告があります。また湯舟で体の芯が温まると適度な発汗が促され、汗の保湿成分(乳酸や尿素など)により肌の潤いが期待されます。なおナイロンタオル等でのゴシゴシ洗いは悪化の要因となります。外用剤は入浴後15分以内に塗るのが理想的とされ、軟膏タイプが保湿効果に優れます。
衣服について。ヒートテック等の吸湿発熱素材肌着により皮膚の乾燥と知覚過敏が誘発される場合があります。また冬の低水温では洗濯の際、衣類の繊維間に洗剤や柔軟剤などの成分がわずかに残る可能性があり、皮膚の刺激となり得るのでご留意ください。
またコロナ禍でマスク着用が増えますが、その刺激や蒸れによると考えられる肌荒れ、座瘡等が出現することがあります。肌触りのよいマスク、状況に応じたこまめな着脱など工夫しましょう。
2月中旬にスギ花粉の飛散が予想されます。スギ花粉によってまぶた等に湿疹ができる花粉皮膚炎にご注意ください。予防には保湿と帰宅時の洗顔、治療には弱ステロイド外用薬やタクロリムス軟膏の外用が有効です。