蕁麻疹(じんましん)

蕁麻疹(じんましん)とは

蕁麻疹(じんましん)とは、強いかゆみとともに、皮膚が蚊に刺された時のようにみみず腫れになる疾患です。
発疹の形は、小さなものから地図のようなものまで様々で、出現する数も様々です。
それぞれの発疹は数時間~半日程度で消えるのが特徴で、体の色々な部分に繰り返し出る場合もあります。

蕁麻疹(じんましん)の分類

急性蕁麻疹 ・・・ 出現、消退の繰り返しが1日から数週間で治まる。
慢性蕁麻疹 ・・・ 出現、消退の繰り返しが1ヶ月以上繰り返す。
人工蕁麻疹 ・・・ ひっ掻いた所に、同じように発疹ができる。

蕁麻疹(じんましん)の原因

蕁麻疹の原因を特定することは難しい場合が多く、原因不明と言わざるを得ないケースが多くあります。
しかし、以下のようなものが原因として挙げられていますので、思い当たる場合には、それを避けてみることをお勧めします。

外因性

<アレルギー性>
・食べ物(魚介類、肉、乳製品、小麦、食品添加物 など)
・薬剤
・ダニ、ほこり、カビ
・花粉(季節性がある)
<非アレルギー性>
・摩擦、圧迫、ひっ掻くなどの刺激
・温度(寒冷、温熱)刺激
・日光

内因性

<アレルギー性>
・病巣感染(虫歯、扁桃腺炎など)
・感染症(風邪などの一過性のもの)
<非アレルギー性>
・ストレス(自律神経の乱れによる)
・内臓の炎症(胃炎、肝炎、胆のう炎、膵炎 など)

蕁麻疹(じんましん)の治療

抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤の内服が治療の主体です。内服している間は発疹が抑えられていますが、内服を中止すると再び出現することがあります。
また、一般的な薬剤で治療困難な場合には胃薬の一種(H2拮抗剤)やロイコトリエン拮抗薬を併用すると有効なケースがあります。それでもコントロールが難しいケースでは、ステロイド内服剤や免疫抑制剤を用いることがあります。
慢性蕁麻疹の場合には、発疹の再発をみながら、内服量と回数を徐々に減らしていきます。しかし、薬の減量にあせりは禁物です。また、最近では眠くならない内服薬も開発されています。日中の内服ができ、便利になりました。

特殊な蕁麻疹(じんましん)

クインケ浮腫

急性限局性皮膚浮腫とも言います。
唇や眼瞼など、ある特定の目立つ場所に出現します。一度出現すれば数日間同じ場所に居座り、多くの場合は年余にわたり再発を繰り返します。
早めのステロイド剤内服が有効です。

ラテックスアレルギー

天然ゴムの主成分であるラテックス(ゴムの木の樹液)に対する即時型アレルギー反応により惹起されます。
ラテックスを含有する製品(天然ゴム製の手袋、コンドーム、風船、点滴ルート、麻酔バッグなど)に接触した部分に蕁麻疹が発現されます。
重症ケースでは激しい蕁麻疹反応が全身に起こり、血圧が下がったり、動悸や冷汗を伴うようになるため(アナフィラキシーショック)、救急対応を要します。

口腔アレルギー症候群

特定の食べ物を食べると、すぐに、あるいは10分くらい後に口の中や喉の奥がイガイガしたり、喉が詰まったような感覚が出現する病気です。
リンゴ、モモ、メロン、ナシ、ビワ、サクランボなどで起こることがあります。またバナナ、アボガド、クリ、キウイでこの症状が起きるケースでは、ラテックスアレルギーが起きる可能性がありますので、注意が必要です。