アトピー性皮膚炎【夏の対策】

【夏の対策】
夏は汗と紫外線に注意しましょう。
発汗は大切な生理機能です。体温調節以外に、汗の保湿成分や抗菌成分などが皮膚の健康維持に役立ちます。アトピー性皮膚炎では汗の体表への排出が滞り、うつ熱やかゆみが出現することがあります。発汗でかゆみを感じる場合、保冷剤等でクーリング、タオルなどでまめに優しく拭く、水で洗う、帰宅後早めの入浴、シャワーなどを心掛けてください。なお汗拭きシートは使い過ぎるとカブレることがありますが、抗菌作用や消臭効果を有する化学物質により、過敏反応を起こし得る可能性が考えられます。
また紫外線により過敏反応(かゆみや赤み)が出る場合には、陽射しをできるだけ避け、肌に合う遮光クリームをつける、などの対策をしましょう。
外用剤ですが軟膏基材は夏にべたつき感が生じ、そのため毛疱炎やニキビがおきることがあります。皮膚状態に応じてクリーム基材やローション基材が有効な場合があります。

夏