アトピー性皮膚炎「冬の対策」

アトピー(アトピー性皮膚炎)

冬は寒冷と乾燥に注意が必要です。まず室内の乾燥対策をしましょう。次に入浴について。湯舟に入る方がシャワーだけより皮膚の角層水分量が増える、という報告があります。また湯舟に入って体の芯まで温まると適度な発汗が促され、汗の保湿成分(乳酸や尿素など)により肌の潤いが期待されます。なお体のゴシゴシ洗いは悪化の要因ですので慎みましょう。外用剤は入浴後15分以内に塗るのが理想的とされ、軟膏タイプが保湿効果に優れます。
そして衣服について。ヒートテック等の吸湿発熱素材肌着により皮膚の乾燥とかゆみが誘発される場合があります。また冬の低水温では洗濯の際、衣類の繊維間に洗剤や柔軟剤などの化学成分がわずかに残る可能性があり、皮膚の刺激になる可能性があります。日常生活の中に湿疹の悪化要素があり得ますのでご注意ください。
2月中旬にスギ花粉の飛散が予想されます。スギ花粉によってまぶた等に湿疹ができる花粉皮膚炎にご注意ください。予防には保湿と帰宅時の洗顔、治療には弱ステロイド外用薬やタクロリムス軟膏の外用が有効です。